8期

阿部 通称:アベシュン。ツンデレ

池澤さんと同じ高校出身で一昔前は伊藤と同じ大学に通っていた。まぁ世間は狭い。池澤さんと非常に仲が良く、池澤さんが練習に来ないと自分も来ないほどである。茨城の家から東京の大学に通うという関東を股に掛けた生活を送っている。野球部出身で運動神経がよく、スポチャンでは防御しづらい独特な打ち方をする。

淡路 通称:期待の新人。

3月に彗星のごとく現れた期待の新人。池澤さんに連れられてきた。池澤さんに連れられてきたということは面白い人であるに違いない。勝手な主観であるが宝塚歌劇団の宙組のの男役のような外見をしている。運動神経が非常によくこれから大会などで活躍してくれるであろう。

池田 通称:イケメン女子

女子であるが、イケメンの面を持っており、頼りになる存在である。姉貴分みたいな感じで男勝りっすね!乙女チックな山本さんとは正反対な性格であるが二人は仲が良い。ゲーマーであり、3DSを常に持っているイメージをもたれる方が多いのではないだろうか。また、彼女は興味のあることに関してはかなりの集中力と行動力を発揮する。スポチャンでは結構強い打ちをしてくるぞ!

伊藤 通称:ジロリアン

ラーメン二郎をこよなく愛し、すでに25店舗を制覇しているジロリアン。二郎を馬鹿にされると機嫌が悪くなる。週末には競馬場に出向き、お馬さん達が走ることにロマンを感じている。大会とG1レースが被った際、本気で大会を休もうか迷うような人間である。1年間だけ自分の大学のアイスホッケー部に入部しており、終電で練習場に向かい、始発で帰宅する生活を送っていた。防御からのカウンターが得意である。

岩城 通称:イワッシー

「珍しいサークルはないか?」と探していたところ剣隼会にたどり着きそのまま入部した変人である。他にも乗馬したり無人島へ旅行に行ったりと多趣味である。主将以上に他大の知名度が高く、剣隼の外交は彼に一任されている。上層部の信頼も厚く、チャンバラ界の縁の下の力持ちと言えよう。鋭い足打ちをしてきて、決まったら必ずドヤ顔をする。

内田 通称:ボチ田。【2013年度 主将】

8期からの絶大な信頼を得ている新主将であるが、他大からの知名度が低い。知名度を上げるために色々と画策中であり、この先どのような面白いことをするのか非常に楽しみである。「それな」と言うのが口癖で、この言葉を使う時は何も考えておらず、適当に返事をしているだけである。学校ではボッチだと本人は言っているが、実際は友達が多いのではという疑惑が…要は自称ボッチの域に留まっている。スポチャンでは防御が上手い。

北川 通称:職人。【2013年度 副将】

何をやっても職人的な芸当を披露することからこの名前が名付けられた。スキー合宿においても職人的な高度な写真技術を披露している。釣りの同好会にも所属しており、「いかにも」という感じである。市橋流の後継者であり、片足でぴょんぴょん跳びながら相手に向かってくる。間違いなく『あ、あれはなんなんだ…』となるはずである。傍からみると奇抜な動きをしているが、どうか温かく見守ってください。

栗山 通称:サウスポー女子。

文化構想学部所属の文系だが、パソコンを自作するほどの能力者である。普段はおとなしく、行動のひとつひとつが落ち着いている。だが、カラオケで大好きなポルノグラフティの曲を熱唱するときは、それまで落ち着いていた行動が一変する。本性が見えた場合は知りません…。スポチャンも落ち着いたスタイルで挑んでくる。だが、ここでも行動が一変し、ここぞという場面で踏み込んで打ってくるから要注意だ!

黒川 通称:オコジョ。

女子大からやってきた管理栄養士のたまご。手作りお菓子をくれるおとなしそうな良い子に見えるが、本性は………はい!(割愛)。笑いのツボが独特で、どんなにつまらない話をしても笑ってくれるのでそれに救われている人が多いのではないだろうか。他大なのになぜだか練習の参加率は高く、伸びのある扇打ちや掬い打ちが特徴である。

黒田 通称:yhe眼鏡男子。

倉内さんと野村さんによるスポチャン体験をうけて入部した男の子。おぎ○はぎの二人以上に眼鏡と身体が一体化している。(筆者はメガネをとった彼が誰だか分らなかった)。自転車屋のバイトをしているが、ブラックなのかいつも働いているイメージがある。テニス部出身で長剣の持ち手にグリップを巻く技術は一流である。商学部に所属しており、次期会計として大いなる信頼を得ている。勢いのある掬い打ちが特徴である。

津田 通称:つっきー!

途中から入部した女の子。嫌いなものはヘタレだそう。ヘタレのみなさんはご注意を…。内田と同じアーチェリーのサークルにも所属している。逆手持ちのスタイルを考案したが、全く役に立たないために使用しているのを見たことがない。呑み込みは速く、センスのある打ちをしてくる将来有望のプレーヤーである。

永田 通称:早稲高出身。

大会のアフターで試合に負けたことが悔しくて号泣するなど「スポチャンで勝ちたい!」という思いが人一倍強い。稀に電柱キック、往復ビンタ、背負い投げ、後ろ足蹴りetc破天荒な一面をみせる。(彼の豹変ぶりに筆者は怯えている)。自分自身の経験談をtwitterで赤裸々に語るエッセイストの一面も。スポチャンは攻撃型のスタイルで相手を徹底的に打ちのめしていく。

細田 通称:はとけん!

剣道出身の女の子。普段は萌えキャラだが、ひとたび剣を握ると…。責任感もあり、年末はイベントの幹事を見事にこなしてくれた。剣隼女子では珍しく女子力が高い。スポチャンでは、流石剣道出身ということもあり打突は女子のなかで抜きんでている。攻撃を始めたら相手を仕留めるまで追いかけてくるハンターである。

穂積 通称:ほづみ。

元体操部の部長であり、身体能力が高い。塾講でガッポリ稼いでいるそうだが、出不精であるため、相当な隠し財産があると思われる。夢で可愛い女の子をお姫様抱っこした話を純粋無垢にしてくるピュアな心を持った永遠のピーターパンである。蟹股気味から2ステップで伸びのある足打ちをしてくるぞ!

松平 通称:将軍。

新歓期に一度来たもののその後どこかにご隠居。10月に突然カムバックしてきたクール兼爽やかイケメンである。寡黙キャラであり、高倉健を彷彿とさせる。建築学科で学んでいる。ちなみに安藤忠雄の建築はあまり好きではないらしい。寡黙な性格を表すように、起こりの少ない打ちが特徴である。

山本 通称:牛乳プリン。

岐阜出身の長野県PR大使。とにかく推してくる。ひたすら推してくる。…彼女は観光協会と何か繋がりがあるのだろうか?また、かなり高い声の持ち主であり、この声を聞いた男子は山本さんにメロメロになること間違いなし。牛乳プリンのTシャツを着て練習することが多い。見た目はオシャレ系女子、中身はオサレ(笑)系女子。リーチを生かした足引き面が得意だ!