スポーツチャンバラとは?

近頃はあまり見かけなくなってしまいましたが、幼いころに友達や兄弟と棒切れや新聞紙を丸めたものなんかで叩き合って遊んだ経験があるという人はきっと少なくないでしょう。

そう、それがチャンバラです。

そして、それをスポーツ競技として、 武道として確立させたものが、まさしくスポーツチャンバラなのです。スポーツチャンバラの歴史は実のところ古く、1971年にスポーツチャンバラの前身である小太刀護身道というものが発祥しました。その後もスポーツ競技の表舞台に出ることはありませんでしたが、確実に継承され広く多くの人に愛好され、現在では老若男女にわたり幅広いプレイヤーが存在します。

  • 軽量・安全設計の道具を使うことで実現された超実戦形式の練習。
  • 「どこでも当てれば勝ち!当たったら負け!」という単純なルール。
  • そして、その二つから生まれる単純であるからこその奥深い攻防戦。
  • また、なんと言っても適度な運動量があり、老若男女すべての人が自由な形で始められるという点。

この4点が最大の魅力となり、今、ひそかにブームでもあるのがスポチャンなのです。(R25で特集を組まれたことも)

このように、既存の武道の概念を打ち破った新しい武道、スポーツチャンバラをあなたも始めてみませんか?

スポーツチャンバラあれこれ