練習の流れ

普段の練習の流れについてです。

全ての武道の基本。

準備体操

みんなで円になって行う。稽古中にケガをしないようにしっかり行おう。

打ち込み

二人一組になって基本的なうち方や実践的なカウンターの練習を行う。

地稽古

二人一組になり、試合形式で稽古する。

勝敗がついても、一呼吸ののち再開、一定時間これを繰り返す。その後対戦相手を変え、同稽古を繰り返す。

元立ち

何人かに元(もと)に立ってもらいその人に試合を挑む。

元は固定・勝ち残り・負け残りなど、いろいろなパターンがある。

試合

団体戦・リーグ戦・トーナメント戦などを行う。

試合後、時間があればよかった点・悪かった点を互いに講評する。

全ての武道の基本。